#自分で好みの高さ調整ができる 枕:minmakuみんまく(ふとんタナカ)

(画像は公式サイトより引用)

自分で好みの高さ調整ができる 「自分枕」:minmaku みんまく

枕ジプシーを繰り返している皆さん。きっとあなた様は肩こり首こりに悩まされていることでしょう。

私も数年はあれやこれや。オーダーメイドだって、なんだか結局、自分に合ってなくないですか・・?

それをやっと解決( ;∀;)してくれた枕が

「minmaku みんまく (ふとんタナカ)」 

→早速レビューしましょう!!

私の評価:★★★★★ もーーっとつけたいくらい、いいですよ(*´з`)!

わたしはminmaku/みんまくレギュラー やわらかめ(以下の②タイプ)を使用しています。

この枕のよいところは「自宅」「自分枕」高さ調整できるところ。これがとっても大事です!

この枕は、後頭部、頸部、両サイドの小部屋4つに分かれています。自分好みに合わせて小部屋のジッパーを開いて、中から詰め物を抜いたり足したりして、「自分枕」に変身させることができるのです!!☆補充材(別売り)もありますよ

首肩コリのひどい私はこの枕に出会うまで、首が痛かったり、枕のどこに頭を置こうか探しまくっていました。とにかく、合わなかった。今は、そういうことはなくなりました!

快適な入眠(^o^)丿

自分の首肩コリの原因は枕ではなく生活習慣なので枕を変えただけでは治りませんでした。寝起きに、痛みが強まっている!

でも、この枕を使うことで「首肩コリの悪化」はなくなりましたよ

↓↓minmakuのラインナップ(2018.12現在)こちら↓↓

minmaku/みんまくライト

→固さが2種類(やわらかめ、かため)のエントリーモデル。高さ調節機能はない×ようです。枕ジプシーさん向けじゃない×と思います(^-^;。

価格:4000円ちょいくらい

minmaku/みんまくレギュラー   ←私も使用しています。

高さ調節機能付き固さが2種類(やわらかめ、かため)スタンダードモデル。

価格:6000円ちょいくらい

minmaku/みんまくプレミアム

→レギュラータイプより簡単に高さ調整ができる高機能プレミアム。固さが3種類(やわらかめ、ふつう、かため)から選べるモデル。

レギュラーモデルに加え、10mm厚のウレタンシートで3段階の調節ができ、内側から4カ所の微調整が可能なプレミアムモデルだそうです!すごくよさそう・・・。今の枕がへたったときに、考えます(≧◇≦)。でもお値段高いな~・・(@_@。。

価格:10000円ちょいくらい

④「みんまくプレミアム」 minmaku PREMIUM 詰め物補充材3タイプ 

(みんまくレギュラーにも使えると思います(^o^)丿。)

高さ調節は②minmaku/みんまくレギュラーでも私は普通にできました。やわらかめタイプなのでソフト粒状わたがいっぱい詰まっていました。私にとっては高さがありすぎて、かなり抜きました。でも、③がもっと簡単に調節できるなら、それ!いいな~とは思います。ちょっとお値段張りますけれどね。

とにかく、高さ調節機能付きのminmakuおすすめです(≧◇≦)!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする